洗顔・クレンジングの間違いケアTOP5|【公式】Coyori(こより)の通販サイト

0120-885-888

洗顔・クレンジングの間違いケアTOP5

スキンケアのはじまりは「クレンジング」
あなたの方法は合っている?

意外と間違った方法で行っている方が多い毎日の洗顔・クレンジング。
特に間違いやすい5つのポイント、あなたは大丈夫か今すぐチェックしましょう!

私がお答えします!Coyori 製品企画担当 吉田 由佳

間違い1「薄化粧だからクレンジングは使いません」

肌をまっさらな状態に戻すならクレンジングも洗顔も必要

一般的な洗顔料は余分な皮脂や古い角質などを落とすことが目的で油性のメイク汚れは落とせません。だから化粧をした日は両方必要です。
肌刺激が気になるなら、ダブル洗顔不要のクレンジングを選んで、洗う回数を減らしましょう。

間違い2「熱いお湯で流しちゃいます。」

保湿因子や皮脂が溶け出しあっという間に乾燥肌に!

寒いと熱いお湯ですすぎたくなりますが、40度以上のお湯だと皮脂はもちろん、肌に必要なセラミドなどの保湿因子も溶け出し、バリア機能は低下、乾燥肌の状態に。ちょっと冷たいくらいの30度程度のぬるま湯で洗い流すのが正解。

間違い3「汚れを落としきらねばとゴシゴシ洗っています。」

絶対ダメ!その摩擦、刺激になってます。

皮膚表面の角質層は、一般的に0.1~0.3㎜程度と言われています。ゴシゴシと刺激しすぎはシワ・たるみのもと!ゆで卵の薄皮だと思い刺激の少ない洗浄成分でやさしく洗い上げましょう。使用後やわらか肌になっているかがうまく洗顔できたかの基準です。

間違い4「ボディを流すついでに顔もシャワーですすいでいます…」

強い水圧で大切な皮脂が根こそぎ流れ出す!

シャワーによる強い水圧で、皮脂が一気になくなり、肌は急激な乾燥状態に。特に、目元の皮脂再生には48時間もかかりますのでエイジングは急激に加速すること必至!絶対にやめましょう。

間違い5「朝は洗顔料を使わない主義です。」

寝ている間に、酸化した皮脂や老廃物が溜まっています。

睡眠中も肌はしっかり代謝しています。お湯や水では汚れを落としきれないので実は清潔な肌状態とはいえないかも。
もし洗顔しすぎによる肌刺激が心配なら、植物由来などやさしい洗浄成分で処方されたものを選びましょう。

正しい洗顔・クレンジングで
若見え肌を目指しましょう!

洗顔・クレンジングの目的は、不要な汚れや角質をとり除くことですが、肌に必要な皮脂は残すことが大切です。どんなに良いスキンケアを使っても、肌に汚れがたまっていたら効果が出にくくなってしまいます!
朝も洗顔料を使用する。少しでもメイクをした日は夜にぬるま湯でやさしくメイクを落とす。それが、洗顔・クレンジングの基本です。

担当:吉田

正しい使い方で肌にも心地よく
大好評のジェルクレンジングがおすすめ

「落とすだけ」ではなく「ほぐす」柚子の贅沢クレンジング 詳細はこちら

ご覧いただいた商品

肌への効果と信頼の両面から厳選した素材と、伝承の知恵から最新の知見など、科学の知恵をこより合わせ、エイジングケアを追求したスキンケアブランドです。
Coyori(こより)|Coyori - エイジングケアは自然派・無添加の化粧品通販【Coyori】

お電話でのお申込み・お問い合わせは 0120-885-888 受付時間 9:00 - 21:00

Coyori(こより)|

coyoriモバイル ケータイからもcoyori情報をチェック

 Coyori(こより)|たいせつにしますプライバシー

株式会社JIMOSは、お客様の個人情報の安全な管理を徹底するために、2003年12月17日に財団法人日本情報処理開発協会より、通信販売業者としていちはやく「プライバシーマーク(Pマーク)」使用許諾事業者の認定を受けました。Pマークは個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整備され、個人情報に関するJIS規格(JISQ15001)に準拠している事業者であることの証しです。

Coyori(こより)|JADMA 公益社団法人 日本通信販売協会会員
Coyori(こより)|JADMA 社団法人 日本通信販売協会会員