読物 > 読物25|エイジングケアは自然派・無添加の化粧品【Coyori】

0120-885-888

  1. ホーム
  2. Coyoriの読物
  3. Coyoriだより
  4. 濃密美容クリームの素材、朝摘みのバラ「さ姫」をご紹介します。

Coyoriだより 2014冬号 vol.25

乾燥・シワが気になる冬の大人気商品 濃密美容クリームの素材、朝摘みのバラ「さ姫」をご紹介します。


肌悩みが深刻化する冬に大人気の濃密美容クリーム。ハリのある肌に導くために必要不可欠なのが島根県奥出雲のバラ「さ姫」です。今回はその魅力についてご紹介いたします。

Coyori企画担当 菊池

10年の月日をかけ開発された香り高いバラ「さ姫」
「さ姫」は、福間さん親子が経営する「奥出雲薔薇園」のオリジナル品種。今までにない「香り高く、色鮮やかな食用のバラ」を求め開発に10年かかったそうです。さらに栽培方法も徹底され、食用だからこそ農薬は一切使わず草や虫などは全て手で処理し、独自の有機肥料を使うこだわりです。また収穫は成分が最も濃厚になる早朝の花開く前に行い、一つ一つ手摘みで収穫。その後すぐに冷凍保存し成分の濃度を高いまま閉じ込めます。バラには肌のハリに大切なコラーゲンに働きかける効果があります。「さ姫」なら収穫された時の良い状態のまま成分を肌に届けることが出来るのです。

食用だけでなく介護や医療分野でも「さ姫」が活躍
「さ姫」は食べてもえぐみがなく彩りも華やかなため、シェフの間に口コミで広がり現在では関東や関西のレストランを中心に全国にその名を広めています。また福間さんは「さ姫」を社会にも役立たせたいと島根大学と共同で研究を進めており、芳しいバラの香りは、介護ケアや医療分野でも注目され始めているそうです。島根県奥出雲をバラの町にしたい、という生産者の想いが詰まったバラ「さ姫」をふんだんに配合した濃密美容クリーム。ぜひ、お試しください。
この地域をバラの町にしたい、という生産者の想いが詰まったバラ「さ姫」。ぜひその効果を濃密美容クリームでご実感ください。

良質な土壌と環境で育つ「さ姫」は、花弁がとても大きく、通常のバラの2~3倍。1輪から30~40枚の花びらがとれます。お伺いした日は夏真っ盛りで非常に暑く収穫も大変でしたが、それでも「さ姫」で喜んでくれる方を増やしたいという想いで、今年も丁寧に手摘みをされています。

毎年「Coyoriレストラン」で好評の木村秋則さんの自然農法栽培りんごの冷製スープ。華を添えるのがこの「さ姫」です。りんごの優しい甘さに上品な「さ姫」の香りが口の中に広がります。

「さ姫」の知名度は近年益々向上。そのため「さ姫」を使った製品は、以前取材にお伺いした時から茶葉やジャムにえて、お酢やサイダーと多数増えていました。


「さ姫」から、バラエキスが抽出される工程を取材しました。

Coyoriの濃密美容クリームにも配合される、「さ姫」のバラエキスが、どのように抽出されているのか、実際の工程を取材させて頂きました。
バラ「さ姫」は、香りの高さや効果を評価され、生花に加えエキスや茶葉としても、活用されています。これらを高品質で提供するため、奥出雲薔薇園では栽培だけでなく、エキスの抽出や茶葉の加工まで、出来る限り自分たちで作業を行っています。濃密美容クリームに配合しているバラエキスを抽出するためにも、手作業での丹念な工程がありました。
まずは早朝に摘んだばかりのバラの花弁を、一つ一つ手でばらします。一見すると簡単に思えますが、1回エキスを抽出するためには10キロ分の「さ姫」の花弁が必要。花弁で10キロとは、なんと1万本分のバラに相当します。時間が経つとバラはしおれるため、この作業は手早さが必要に。さらに生花として出荷する物も同時に選り分けるため、バラの状態を素早く見極める正確さも求められます。こうして、大量の花弁を素早く丁寧にばらし選定した後に、エキス用の花弁を冷凍保存します。

冷凍保存したバラの花弁は、水と一緒に火にかけ6時間程ことこと煮ます。この時出る水蒸気を液化させて、バラエキスは出来上がります。丹精込めて育てられたバラ「さ姫」から、丁寧な手作業を踏んでようやく出来上がるバラエキスは、水のように美しく澄んでいながらも「さ姫」と同じ、華やかな香りが漂っていました。ハリがあって透明感のある肌に。実際に参加いただい方からは「大変勉強になりました!」「正しく使ってみると肌のもちもち具合が全然違いますね。」などのコメントをいただきスタッフも嬉しくなりました。また機会を設けて実施する予定です!その際はぜひご参加をお待ちしております。

バラエキスが抽出されるまでの流れ

医療現場でも活用されるバラ「さ姫」。


 今、バラ「さ姫」は医療現場やスポーツ界で食事を通じたメンタルサポートの食材としても注目されています。この第一人者である大妻女子大学の川口教授を訪ねました。

川口教授が「さ姫」に出会ったきっかけは、がん患者の支えになるものは何かないかと探していた時のこと。インターネットを通じて、真っ赤な食べられるバラが目に飛び込んできた時に、栄養素はもちろん、それ以上に「力強く命を育む」という強い印象を「さ姫」から受けたそう。このイメージを活かすにはと考え、それから「さ姫」を使ったレシピ開発が始まりました。病床で気分が落ち込みがちな時にも、香りや見た目も楽しめる料理を、研究室の学生と一緒に多数考案。

「料理は、臭覚や味覚を失くした方にも、温度や触感などで様々な感覚を与えられる。どの感覚を刺激してあげれば、喜んでもらえるのかを考えて、新たなレシピ開発をしたい。」と仰っていました。美容や健康にも幅広く活用される「さ姫」。Coyoriは、今後も「さ姫」の活躍に注目します。

大妻女子大学家政学部 食物学科の川口教授。管理栄養士であり、日本病態栄養学会がん病態栄養専門師でもある。病床であっても喜びのあるを「さ姫」を使った料理多数考案。



ページのトップへ

ご覧いただいた商品

Coyori(こより)|Coyori - エイジングケアは自然派・無添加の化粧品通販【Coyori】

お電話でのお申込み・お問い合わせは 0120-885-888 受付時間 9:00 - 21:00

Coyori(こより)|

coyoriモバイル ケータイからもcoyori情報をチェック

 Coyori(こより)|たいせつにしますプライバシー

株式会社JIMOSは、お客様の個人情報の安全な管理を徹底するために、2003年12月17日に財団法人日本情報処理開発協会より、通信販売業者としていちはやく「プライバシーマーク(Pマーク)」使用許諾事業者の認定を受けました。Pマークは個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整備され、個人情報に関するJIS規格(JISQ15001)に準拠している事業者であることの証しです。

Coyori(こより)|JADMA 社団法人 日本通信販売協会会員
Coyori(こより)|JADMA 社団法人 日本通信販売協会会員