こよりだよりvol.67 石川県金沢市「加賀太きゅうり」|【公式】Coyori(こより)の通販サイト

0120-885-888

想いをつなげるこよりだより 2018・秋 vol.67 石川県金沢市「加賀太きゅうり」

加賀太きゅうりの生産者 山本 弘さま「1つ1つ丁寧に手摘みしています。」

約10年前に家業を継がれ、今では加賀太きゅうり部会の部会長を務められています。

取材:Coyori企画担当 小川 「愛情たっぷりに育った実は、ずっしりと重く感動しました!」

唯一、金沢の地で代々受け継がれる伝統。

加賀太きゅうりから抽出した「キュウリ果実エキス」は高い保湿力と、肌の柔軟性を高める効果があり、柚子のオイルジェルクレンジング等に配合しています。
金沢市の伝統野菜「加賀太きゅうり」は、一般的なきゅうりの約5倍の大きさで、大きなものでは1㎏に。昭和11年から栽培が開始され、固定種として金沢市に根付いています。固定種とは、品種改良せず親から子・子から孫に代々受け継ぐ種のこと。効率性を高め人為的に作る雑種とは異なり、長く同じ地で育つことで気候に適応し、肥料や農薬に頼りすぎず栽培が可能です。

太く頑丈な苗づくりによって大きく育つ加賀太きゅうり。

ツルの成長は早く、夏には1日で約10㎝も伸びるため、毎日必ずカットしています。

加賀太きゅうりを育てるハウスは、海岸線に隣接し強い風が吹くと砂が巻き上がる砂丘にあります。取材した山本さんのハウスに入るととても暑く、5月上旬に取材したのにも関わらず真夏のようにジワっと汗が出てきます。しかしこの暑さは、夏が旬の加賀太きゅうりには絶好の環境です。

この加賀太きゅうり(右)の重さは約650g。一般的なきゅうり(左)の5本分もの大きさです。

一見ウリのように大きな加賀太きゅうりは、一般的なきゅうりより育成に手間がかかります。通常は一本苗で育てますが、加賀太きゅうりは苗が実の重さに耐えられるよう、苗を二股に割り根元を太くして育成。また、苗一本一本の太さや成長に合わせて肥料の調整や剪定を行います。

12名の生産者が、伝統の固定種を守るため種づくりから収穫まですべてを行う。

収穫時には切り口から樹液が。手になじませるとしっとりなめらかになり、肌への効果を確信しました。

固定種である加賀太きゅうりは、他品種の交配を防がなければならず、受粉の際には細心の注意が必要です。「以前は生産者が各自で種を作っていたが、採種量や質にバラつきが生じてしまっていた。そこで採種のためだけのハウスを作り全員で協力し種づくりをしたら、安定して採種ができるようになった。」と山本さん。実際に、昨年は12名の生産者で約480トンも出荷できたそう。

加賀太きゅうりの花。3cmほどの小さな黄色い5弁花を咲かせます。

他にも生産者全員が安全性を追求し、化学肥料を極力使用せず環境にやさしい肥料を使用しているため、質も均一に保たれています。
こだわりがつまった加賀太きゅうりの力をあなたの肌でご実感ください。

生産者様とCoyoriスタッフ

約10年前に家業を継がれた山本さん。栽培をしながら加賀野菜の伝統を守る活動として、小学校で食育講師までされています。加賀野菜を守り続けるという使命感と深い愛情に心打たれました。(Coyori 小川 写真左)

※原料の自然素材は、生育状況・収穫状況で産地が変わる可能性がございます。

ご覧いただいた商品

肌への効果と信頼の両面から厳選した素材と、伝承の知恵から最新の知見など、科学の知恵をこより合わせ、エイジングケアを追求したスキンケアブランドです。
Coyori(こより)|Coyori - エイジングケアは自然派・無添加の化粧品通販【Coyori】

お電話でのお申込み・お問い合わせは 0120-885-888 受付時間 9:00 - 21:00

Coyori(こより)|

coyoriモバイル ケータイからもcoyori情報をチェック

 Coyori(こより)|たいせつにしますプライバシー

株式会社JIMOSは、お客様の個人情報の安全な管理を徹底するために、2003年12月17日に財団法人日本情報処理開発協会より、通信販売業者としていちはやく「プライバシーマーク(Pマーク)」使用許諾事業者の認定を受けました。Pマークは個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整備され、個人情報に関するJIS規格(JISQ15001)に準拠している事業者であることの証しです。

Coyori(こより)|JADMA 公益社団法人 日本通信販売協会会員
Coyori(こより)|JADMA 社団法人 日本通信販売協会会員