夏のダメージから肌を守る洗顔のコツ | キレイに近づく裏技〈Vol.9〉|【公式】Coyori(こより)の通販サイト

0120-885-888

  1. ホーム
  2. 夏のダメージから肌を守る洗顔のコツ | キレイに近づく裏技〈Vol.9〉

夏のダメージから肌を守る洗顔のコツ | キレイに近づく裏技〈Vol.9〉

紫外線ダメージが蓄積していたり、冷房で乾燥が進んでいたり。夏の肌のお手入れには、よりいっそうの気遣いが必要です。夏のダメージから肌を守る洗顔のコツを紹介します。

夏の洗顔こそ泡立てをしっかり。

汗をかいたり、ベタついたり…。「さっぱりしたい!」と思うあまり、この時季の洗顔は、肌をゴシゴシ洗ってしまいがちです。でも、ゴシゴシこすることで肌に負担がかかり、ダメージを助長してしまうかも…。ダメージから肌を守るためにも、たっぷりの泡で顔全体を包むようにして洗いましょう。泡が汚れを浮かせて吸着するから、こすらなくても汚れをしっかり落とせます。

意外と気づいていない洗いグセに注意!

顔を洗うとき、まずどこから洗いますか。額から?頬から?鼻のまわりから?私たちの手の使い方にはひとりひとりクセがあり、無意識に同じ洗い方をしています。洗顔の際は手の使い方を意識して洗い残しを防ぎましょう。また、洗い残しを防ぎ、潤いを守るためには、皮脂の多い順に洗うことがおすすめです。 ①皮脂の多いTゾーン ②頬やあごなどのUゾーン ③皮脂の少ない目元、口元の順に洗いましょう。

クレンジングはまず、ポイントメイクを落としてから。

丁寧に落としたつもりでも、洗顔後に鏡を見たら、アイメイクや口紅が残っていた!?ということはありませんか?そんなことがないように、顔全体のクレンジングの前に、まず、ポイントメイクから落としましょう。

洗顔後は、すぐに化粧水とオイルで保湿ケア!

洗顔後の肌は潤いが蒸発しやすくなっています。だから、洗顔後はすぐに保湿ケアを。化粧水でたっぷりと潤いを与え、美容液オイルでしっかりと閉じ込めます。紫外線ダメージが気になる時季には、保湿成分に加え紫外線ダメージケア成分が入った「美容液オイル-白-さっぱり」などがおすすめです。

夏のダメージから肌を守るおすすめ商品

  • メイク落ちとやさしさを追求した温泉水ジェルクレンジング
  • こだわりの素材で洗い上がりもっちり こく生石鹸

ご覧いただいた商品

Coyori(こより)|Coyori - エイジングケアは自然派・無添加の化粧品通販【Coyori】

お電話でのお申込み・お問い合わせは 0120-885-888 受付時間 9:00 - 21:00

Coyori(こより)|

coyoriモバイル ケータイからもcoyori情報をチェック

 Coyori(こより)|たいせつにしますプライバシー

株式会社JIMOSは、お客様の個人情報の安全な管理を徹底するために、2003年12月17日に財団法人日本情報処理開発協会より、通信販売業者としていちはやく「プライバシーマーク(Pマーク)」使用許諾事業者の認定を受けました。Pマークは個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整備され、個人情報に関するJIS規格(JISQ15001)に準拠している事業者であることの証しです。

Coyori(こより)|JADMA 公益社団法人 日本通信販売協会会員
Coyori(こより)|JADMA 社団法人 日本通信販売協会会員