なでしこたちの手仕事 | 第十一回 〜鎌倉彫〜|【公式】Coyori(こより)の通販サイト

0120-885-888

  • 高機能・自然派エイジングケア coyori
  • なでしこたちの手仕事 | 第十一回
  • 使われて、愛されてこそ、伝統の美は受け継がれていく。鎌倉彫 木内史子さん

    鎌倉彫木内史子さんプロフィール 女子美術短期大学造形科彫塑研究室卒業。実家である「鎌倉彫一翠堂」に勤務しながら、
    祖父・木内翠岳、母・木内小夜子に師事。2016年12月にはフランスにて展示会を行い、好評を得た。

    八百年、愛され続ける彫りと漆の美・鎌倉彫。

    木製の器や家具に彫られた独特の文様と、彫りを際立たせる漆の深い色合いが特徴の「鎌倉彫」。約800年前、鎌倉時代に中国から禅宗とともに伝わった「彫漆」が起源といわれています。
    木内史子さんは、「鎌倉彫一翠堂」の三代目。祖父・翠岳さん、母・小夜子さんの後継者として、日々技術を磨いています。

    大学に行き再認識したものづくりの面白さ。

    十代の頃は、「祖父や母と同じ道を行くことに抵抗があった」史子さん。でも、大学で彫塑を学び、「“ものをつくる”って面白い」と実感。「祖父や母がつけてくれた道があることは有利だと思えるようになりました」。
    「飾って楽しむだけのものではなく、毎日の暮らしの中で使ってこそ良さがいきるものを」と史子さんは考えます。
    茶道を始めてからは、「お菓子がここにのるから模様をこういれよう」など、使うシーンをイメージしてデザインするようになりました。

    「今の暮らしの中で使われるものをつくる。それが私の伝統の受け継ぎかた。」

    「今の時代にマッチしたものをつくるため、美しいものにふれ、常にアイデアを練っています」。時には友人の「こんなものがほしい」のひと言が、作品づくりのヒントになることも。
    「伝統に縛られずに、自分らしいもの、日々使いたくなるものをつくり続けたい。そして鎌倉彫で茶道や食文化などを育てることに貢献していきたいですね」。

    • 現代的にアレンジした桜文様。

    • 二代目の母とのツーショット。

    • 店内にずらりと並ぶ木地。ここに彫りを入れていきます。

    • 繊細な彫りの作業。

    • 様々な彫刻刀を使い分けて彫ります。

    • 様々な資料集等を見て新しいアイデアを練る大切な時間。

    • 装飾品のブローチなど今の時代に合った鎌倉彫にもチャレンジしています。

    • 流線のゆくえ
      (鎌倉彫創作展入賞)
    • 櫻文鉢
    • 「TORAYA Paris」の
      ショーウィンドウで
      展示された流線文菓子器
    • 宝尽くし文棗
    • 雲錦文棗
    「伝統」をプレッシャーとは感じたくない。伝統をいかしたうえで私らしいものをつくっていきたい。

    ご覧いただいた商品

    Coyori(こより)|Coyori - エイジングケアは自然派・無添加の化粧品通販【Coyori】

    お電話でのお申込み・お問い合わせは 0120-885-888 受付時間 9:00 - 21:00

    Coyori(こより)|

    coyoriモバイル ケータイからもcoyori情報をチェック

     Coyori(こより)|たいせつにしますプライバシー

    株式会社JIMOSは、お客様の個人情報の安全な管理を徹底するために、2003年12月17日に財団法人日本情報処理開発協会より、通信販売業者としていちはやく「プライバシーマーク(Pマーク)」使用許諾事業者の認定を受けました。Pマークは個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整備され、個人情報に関するJIS規格(JISQ15001)に準拠している事業者であることの証しです。

    Coyori(こより)|JADMA 公益社団法人 日本通信販売協会会員
    Coyori(こより)|JADMA 社団法人 日本通信販売協会会員