たとえば、椿。二十歳の木も五十歳の木も、同じ美しい花を咲かせる。

椿

たとえば、柚子。十八歳ではじめて実をつける。成熟した香りは年を重ねてから。

柚子

エイジングケアに、植物のチカラを。

麦

肌の未来は、日本の自然の中にある。

一生懸命に美しい花を咲かせようとする植物の生命力。ひたむきに光の方へ、そして未来へと向かおうとするエネルギー。
Coyoriは、そんな植物のチカラを日本全国から集め、美肌のためにこより合わせたエイジングケアブランド。あきらめかけていた年齢肌に、希望の花を開かせます。

植物の生命力にこよる。

南北に約3000km。四季があり、高低差もある日本には約7000種の植物が育ちます。その約4割は固有種※1。数は世界一※2とも言われています。
津々浦々で環境の変化に対応してきた生命力を持つ日本の植物たち。日本人は古来から、そのチカラを美容にも活用してきました。
多様な植物が発揮するチカラを、肌への適合性や有効性という視点で選び、こより合わせることで、肌にとってより大きな効力が期待できるはず。
Coyoriが日本の植物に出来る限りこだわり、ブレンドにもこだわる理由がここにあります。

※1:日本に自生する維管束植物(種子植物とシダ植物)約7,000種類(亜種・変種を含む)のうち、約36%にあたる2,545種類は日本にのみ分布する固有種である。(H23 国立科学博物館リリースより)
※2:1平方キロメートルあたりの動植物の数

安心感も、確かな実感も。植物にによる包括的アプローチ×サイエンスの視点

植物による包括的アプローチとは

たとえば、エイジングケア効果で知られるビタミンE。
合成成分なら、その成分のみを補うアプローチですが、植物由来のコメヌカであれば本来もつ成分を抽出することで、ビタミンEだけでなく抗酸化作用の高いオリザノールも含有され、より効果的なエイジングケア原料になります。
生命力や回復力を秘めた植物だからできる包括的なアプローチを、どこまで女性の美肌に応用できるか。植物を厳選し検証しています。

サイエンスの視点とは

エイジングケアに有用な成分の発見。その実証にはエビデンスが欠かせません。
だからCoyoriは、植物学者や皮膚科学者、研究機関と連携し、さまざまな試験を通じて成分や製品の効果を証明しています。
肌への効果の妨げや刺激となりやすい〈異物系ケミカル〉の無添加を実現しながら、効果が期待できる植物の組み合わせを追究し、ブレンドがもたらす効能の探求を続ける調合力で、肌に優しいのにきちんと成果を引き出す、エイジングケアを実現します。

〈異物系ケミカル〉とは・・・

Coyoriでは敏感な肌にとって効果の妨げや刺激になりやすい成分を「異物系ケミカル」と呼び、無添加にしています。(パラベン/石油系鉱物油/石油系界面活性剤/シリコン/合成香料/タール系色素/紫外線吸収剤/殺菌剤/合成酸化防止剤/旧表示指定成分/動物由来原料)

肌のやわらかさになる、ツヤになる。その植物は皮脂になる。

ツバキ種子油、オリーブ果実油、コメヌカ油、ユズ種子油。厳選した4種の植物オイルを、肌本来の皮脂に近づくようブレンドした美容液オイル。
そして、汗に近い組成である美肌の湯 玉造温泉水を配合した化粧水が、肌の上の皮脂膜を再現します。
加齢によって減少する皮脂をしっかり補い、やわらかな肌に。たっぷりの潤いが乾燥小ジワをケア。ハリとツヤ、使うたびにその効果が実感できます。

※:表示名称 温泉水

スキンケアとは皮脂をケアすること。

温暖で多湿な環境で暮らしてきた日本人は、欧米人に比べ皮脂の量が多く、この皮脂のおかげで、欧米人よりもキメ細かく若々しい肌であると言われています。
肌トラブルの一因と思われがちな皮脂ですが、実は肌の健康や美しさには欠かせないものなのです。加齢により皮脂が減少・劣化すると肌がゴワつき、乾燥や小ジワ、くすみ、ツヤのない肌に。
Coyoriは、そんな皮脂の大切さに着目したエイジングケアです。不足しがちな皮脂を質・量ともに補い、バリア機能を強化。やわらかな肌で、乾燥小ジワを目立ちづらくします。

皮脂の減少・劣化による肌の悪循環 ①皮脂の減少・劣化 ②バリア機能の衰え ③乾燥・敏感 ④肌内部の微炎症

加齢によって皮脂量が減るだけでなく質も劣化します。皮脂は、紫外線や外的刺激から肌を守り、肌内部の水分を保つために重要な役割を果たします。しかし皮脂の量は年齢と共に減少し質も劣化。その結果、皮脂本来の機能を果たせなくなります。皮脂の学術的専門家 東京薬科大学 薬学部 佐藤 隆教授

半永久的に咲く花。そのエネルギーが美肌を再生し続ける。

肌にもともと備わっている細胞が自ら再生しようとする機能。このチカラをキープすることができれば、美肌のサイクルは循環し続けることができます。
Coyori 彩醒さいせいラインは、皮脂理論に加えこの美肌再生サイクルに着目したCoyori史上最高峰のエイジングケアライン。
悩みが深刻化した肌も、濁りのない澄んだハリ肌へ導きます。

「オートファジー」に着目した3種の蘭エキス※1。

レリオカトレア、ブラッソカトレア、デンドロビウムの3種の蘭をブレンドしたCoyori 彩醒さいせいラインは、ターンオーバーをサポートし、肌の表面には現れていない潜在的な濁り※2・くすみをケアする効果も。
肌の生まれ変わりを助け、エネルギーが満ち溢れるクリアな肌に導きます。

※1:表示名称 オーキッドエキス
※2:肌荒れによるくすみ

オートファジーのしくみ

オートファジー能に関連するメラニン顆粒減少ーメラニン顆粒が溜まりくすんだ肌(左)オートファジー機能が活性化し、メラニン顆粒が排出された肌(右)

良質な素材がシンプルケアを叶える。

効果を見極め、良質な自然素材だけを贅沢に使用しているCoyori。だから、お肌のお手入れはいたってシンプル。基本の2アイテムだけで、年齢肌にハリとうるおいを与えます。
季節や肌の状態に合わせて必要なアイテムを組み合わせ、心地良く、自分らしく。
そんな広がりもシンプルケアの利点です。

Coyoriはシンプル2ステップ。

仕上げはあなたのひと手間で。

安心してお使いいただくために、Coyoriは〈異物系ケミカル〉無添加にもこだわります。
界面活性剤不使用だから、美容液オイルは二層式。使うたびにボトルを振る。そのひと手間で美容液オイルは完成します。
限られた時間の中、ちょっとひと呼吸、肌と向き合うひとときを楽しんでほしい。
このひと振りには、そんな想いも詰まっています。

〈異物系ケミカル〉とは・・・

Coyoriでは敏感な肌にとって効果の妨げや刺激になりやすい成分を「異物系ケミカル」と呼び、無添加にしています。(パラベン/石油系鉱物油/石油系界面活性剤/シリコン/合成香料/タール系色素/紫外線吸収剤/殺菌剤/合成酸化防止剤/旧表示指定成分/動物由来原料)

Coyoriは約束します。

  • 自然由来成分の配合内容を開示しています。
  • 植物オイル※1は、肌への安全性・効果を考え、植物の特性を活かした搾油法を選択し、配合します。
  • 敏感肌の為に、第三者機関によるパッチテストにて、安全性試験※2を必ず行います。
  • 科学物質等安全データシートMSDS※3を保有する原料を使用し、原料の取扱いを管理します。
  • 界面活性剤は植物由来、食品への添加が許可された成分または生分解性成分を使用します。
  • 新製品は製品モニターにより改善を重ね、一定の満足度基準を超えるまで発売しません。
  • 容器や梱包を簡素化し、リサイクル資材を活用します。
  • 流通コストを抑え、高品質ながらお求めやすい価格で販売します。

※1:エイジングケア効果目的での配合。
※2:全ての方に刺激が起きないとは限りません。
※3:経産省・厚労省が設ける情報基準に準じた安全シート

あなたの肌で召し上がれ。

こより(紙縒り)は、和紙をり合わせて紡いだ糸のこと。七夕では、願いを書いた短冊を飾るために使われます。
Coyoriというブランド名には「科学的にも効果が実証された日本の自然素材を厳選し、こより合わせることで確かな実感があるスキンケアをつくりたい」という想いと、「生産者とお客様の想いをつなぎ、日本の豊かな自然を未来につないでいきたい」という想いが込められています。 ロゴマークは皮脂を補う4種の植物オイルの素材、「椿、オリーブ、柚子、米」がモチーフです。
良質な成分がギュっとつまった自然の恵みを生産者の想いと共に。

ご覧いただいた商品

Coyori化粧品の期待効果についてご紹介しています。
Coyori(こより)|Coyori - エイジングケアは自然派・無添加の化粧品通販【Coyori】

お電話でのお申込み・お問い合わせは 0120-885-888 受付時間 9:00 - 21:00

Coyori(こより)|

coyoriモバイル ケータイからもcoyori情報をチェック

 Coyori(こより)|たいせつにしますプライバシー

株式会社JIMOSは、お客様の個人情報の安全な管理を徹底するために、2003年12月17日に財団法人日本情報処理開発協会より、通信販売業者としていちはやく「プライバシーマーク(Pマーク)」使用許諾事業者の認定を受けました。Pマークは個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整備され、個人情報に関するJIS規格(JISQ15001)に準拠している事業者であることの証しです。

Coyori(こより)|JADMA 公益社団法人 日本通信販売協会会員
Coyori(こより)|JADMA 社団法人 日本通信販売協会会員